▶ライン登録で「総格で診断する名前の運勢」プレゼント

お好きな時間に学ぶ

姓名判断動画講座
2023年の運勢

【九星気学】2022年10月の運勢

占い 2022年 10月 今年・今月の運勢

9月、「中秋の名月」は、お楽しみになりましたか?「家族で丸いものを食べたら良い」と聞いたので(風水)手先の器用な息子が作ってくれたみたらし団子を美味しく頂きました。

息子作:みたらし団子

「円満」というように、掛けた食器や傷んだ靴やバッグもこの日に処分しました。私たちは、周りに置かれている物や人、すなわち環境からも影響を受けます。

特に長く使うもの、長く過ごす場所では、毎日毎日ジワジワと気の影響を受けるものです。

風水の基本は「整理整頓」から、特に「気の入り口」である玄関をキレイにしましょう、というアドバイスを頻繁に見聞きいたしますね。

2022年10月の運勢(10月8日~11月6日まで)

「10月8日」に一斉に運気が変わる訳ではありません

10月は、節入りの8日「寒露(※二十四節気と七十二候を参照)」16:22から始まりますが、そこから運気が「ガラッ」と切り替わるわけではなく、人によっては、9月25頃から「徐々に」運気が変わってきたことを感じる方もおられます(個人差があります)

寒露とは

秋分(9/23)から数えて15日目ごろが「寒露」になります。秋の長雨が終わり、秋が深まる頃、収穫も盛んになります。この頃は空気が澄んで、夜空を楽しむことができる季節です。

2022年10月 二十四節気

七五三は11月ですし、特に大きな行事はない10月ですが、運動会をやる地域もありますね。我が家の地域は、5月に運動会をする学校と10月に運動会をする学校に分かれます。校長先生がご判断なさるようです。

この頃は、サンマをはじめ、梨やブドウ、キノコ、栗やサツマイモを使ったスイーツなど美味しいものがたくさんですね。また太りそうです。

二十四節気と七十二候

農作業をする上で、季節を知ることは重要です。そのため、二十四節気は中国で作られました。1年を24等分し約15日ごとに季節感がわかる名前をつけたのが二十四節気です。この二十四節気をさらに3つに分けたのが七十二候。一つ当たり約5日間ですので、より細かく季節感を表現できます。しかし、こちらも中国から伝わってきたもの、中国と日本は気候が異なります。そのため、七十二候は、幾度か改訂されています。なお、「二十四節気と七十二候」は太陽の動きを元に決められているため、毎年、同じ日付になるとは限りません。(参考文献:「日本の365日に会いに行く」永岡書店)

10月の全体の運勢

10月の月盤は「三碧木星」が真ん中になります。

九星気学は盤の上が南です。

易卦は「震(しん)」、キーワードは「雷」。

雷は、突然、鳴り響きますから「驚く」、「音と光」から「宣伝・広告」、「騒がしいだけで大したことない(音と光だけで、誰も雷さまを見たことがない、というところから」そこから「詐欺」という意味があります。

また、「電気」「ネット」「パソコン」「爆発」「花火」という意味もありますよ。

9月22日に焦げたタップ。もうそろそろ三碧木星の気の影響?

墜落事故や爆発事故、火災、地震に気を付けたい月ですね。

人生で、電源タップ焦げたのは初めてです。

9月25日には、生徒さんのドライヤーが焦げたそうです。偶然?!

コワいことばかりではありません。三碧木星は、季節で言うと「春」、希望や進出、発展、若者、長男という意味もあります。

10月の開運キーワード

希望が見えそう

WHO「コロナの終息が見えてきた」発言がありました。日本でも、ようやく、第7波がピークアウトしたようですね。でも、きっと8波、9波がくるでしょう。

何をもって「終息」なのかは、わかりかねますが、恐らく、感染拡大する度に、経済活動を縮小、自粛するのではなく、共存していく時代に入ったのではないでしょうかね。

ビックリすることがあるかもしれません

それが良いことなら、良いですけれどね。良いこともそうでないことも、ある日突然やってきます。

詐欺に注意

「音がうるさいだけで実体がない」雷。

うまい儲け話も、実は、中身がなかったりするかもしれません。

地震、雷、火事、親父?

自然災害の多い国に住んでおりますので、いつ、火山噴火や地震、地滑りが起きるかわからないです。天災は忘れた頃にやってくる。防災の日は、9月1日でしたが、緊張感をもって、まずは、自分や家族の安全を守りましょう。

10月の吉方位(きちほうい・きっぽうい)

天道

10月は「南」が吉方位の一つ「天道方位」です。

天道とは?
全ての人に良い方位とされていますが、五黄殺・暗剣殺・月破と重なると使えません。
個々によって異なる凶方位である本命殺・本命的殺・月命殺・月命的殺は、その凶作用を打ち消すとも言われています。

月徳

今月は「北西(戌方位)」となります。
最大吉方位(人によって異なります。本命星から観ても、月命星から観ても相性の良い方位のこと)となる星が「四緑木星」になる方は、今月、「北西」を意識して「旅行」なさると良いでしょう。

二泊三日以上、出来るだけ遠くへ行くことで方位の効果「北西」は、事業の拡大(帰ってきたら多忙になります)・懐妊が期待できます。

月徳とは?
無理と言われていた愛が実ったり、思いがけない相手に巡り会えた、という特に女性に嬉しい方位です。その月の干支の方位になります。
12月(子)・・・北
1月(丑)・・・北北東
2月(寅)・・・東北東
3月(卯)・・・東
4月(辰)・・・東南東
5月(巳)・・・南南東
6月(午)・・・南
7月(未)・・・南南西
8月(申)・・・西南西
9月(酉)・・・西
10月(戌)・・・西北西
11月(亥)・・・北北西

※10/20~10/6までは「秋の土用期間」になります。土用殺と言って、この土用期間だけ、その方位を凶と考える流派もあります。ちなみに、秋の土用期間は、北西(戌方位)が土用殺になります。

10月の凶方位(きょうほうい)

今月の凶方位は、五黄殺は「西」暗剣殺は「東」、月破は「南東」です。
引っ越しや開運旅行として二泊三日以上の旅行に行かれる場合は、これらの凶方位の他に、あなたの本命殺月命殺も避けるのが無難です(一泊二日や日帰り旅行は、気にする必要はありませんが、筆者の感覚としては「90Km以上の移動」は、日帰りや一泊二日であっても「月盤」の影響が出るように思います)本命殺や月命殺は、人によって異なります。ご自身のご自分の吉方位・凶方位を知りたい方は、こちらまでどうぞ。

秋の土用期間

10月20日から「立冬」前日の11月6日までは、秋から冬の変わり目である「秋の土用期間」となります。

十二支を五行(木・火・土・金・水)に分類すると、辰(4月)・未(7月)・戌(10月)・丑(1月)は「土」になります。ですから、土用期間は、この月々にあります。

土用期間は、季節の変わり目(春→夏、夏→秋、秋→冬、冬→春)の18日期間のことを言い、「土」の気が高まる期間です。

この期間は、土の神様(土公神・どくじん/どこうじん)が、土に戻って来るので、触らない方が良いと考えられてきました。

土公神とは?
陰陽道(おんようどう)で土をつかさどる神。春は竈(かまど)、夏は門、秋は井戸、冬は庭にあって、その季節にその場所を動かせばたたりがあるとされる。なお、地鎮祭にはこの神様に拝んでいます。参考文献:デジタル大辞泉(小学館)

土用期間にしない方が良いこと

土いじり

土いじり(草むしり、地鎮祭、基礎工事、造園、穴を掘る)は、控えた方が無難といわれています。でも、ガス漏れや水漏れは、そんなこと言ってないで早く修理していただきましょうね。

急な天候の変化

その他に、土用期間は気が不安定になります。

大気が不安定になりますので、ゲリラ豪雨には気を付けたいですね。雨どいや排水溝に、落ち葉が溜まっていないか、お掃除もしておきましょう。

心身の不調

また、自律神経の調子が崩れやすく、不安になったりイライラしやすくなりますから、ゆったり穏やかに過ごすことを心がけましょう。

この期間、「我」や「エゴ」が強くなりますので、ケンカしやすくなります。家族間でもそうですし、電車内での些細なトラブルにも気を付けたいものです。

不穏な空気が流れたら、その場から離れるのが一番です。

土用期間だからといって、「新しいことを始めるのは控えましょう」とは言いませんが、初めてのことは緊張しますし、思いのほかストレスが溜まるものです。大事な事の決定も先送りにするのが良いでしょう。

この期間の過ごし方としては、ただでなくても、心身の調子を崩しやすい時ですから「深呼吸する」「お風呂にゆっくりと浸かる」「早めに就寝する」などを意識してみると良いでしょう。

電化製品の不具合

電化製品も何故か調子が悪くなります。お手入れやコンセント周りのお掃除もこの機会にしておきましょう。

秋の土用の間日(まび)とは

でも、間日(まび)の日は、土神様は天に戻り、土を留守にするので土をいじっても良いそうですよ。

秋の土用の間日は「未」「酉」「亥」の日、10月21日(未)、23日(酉)、25日(亥)、11月2日(未)、4日(酉)、6日(亥)の6日です。土用期間中、やむを得ず、土いじりをしなければならない日は、これらの日に行うと良いでしょう。

土用期間の吉方取りはしない方が良い?

気が不安定なこの時期に、行ったことのない場所にわざわざ行く必要もないかと思います。

寒暖差があったり、大雪や突然雨が降り出す大気が不安定なこの期間、旅行も楽しめなさそうです。

ちなみに、土用期間だけ「土用殺」という凶方位があります。

秋の土用期間の凶方位は「北西(戌)」になります。気になさる方は、その期間、その方位へわざわざ、出かける必要は無いと思いますが、用事やお仕事でやむを得ない場合は、気を付けて行かれたら良いと思います。

中止や延期の必要はないでしょう。

10月の吉日

※厳密には、その日の干支とご自分の干支の相性が良くなければ、吉日にはならないのですが、そこまで占い師に観てもらわなくても良い、簡易的に吉日を知りたい、と言う方は、ご参照ください。

天赦日(テンシャニチ)

10月22日(土)です。

天赦日とは、年に数回のレアな吉日。何かを始めるのに適した日です。

10月の一粒万倍日

一粒万倍日とは、何か事を始めると、一粒の籾が万に実るかの如く、発展する日と言われていますが、物を借りたり、お金を借りるのは良くないとされます。6月の一粒万倍日は「巳」と「午」の日です。

10月5日(水) ※月三殺
ー----------
10月8日(土)
10月11日(火)
10月20日(木)
10月23日(日)
11月1日(火)
11月4日(金)

本命星別の10月の運勢

※ご注意※ 節分(2/3頃)前に生まれた方は、前年が「生まれた年」となります。
ラッキー方位は、厳し目に観ています(引っ越しに使う方がいるかもしれませんので「年盤の」五黄殺、暗剣殺、歳破の方位も考慮しています。他のサイトでは、3つ4つラッキー方位があるかもしれません。その場合は、月盤のみの吉方位だと思われます。引っ越し以外で活用すると良いでしょう)

一白水星(昭和2,11,20,29,38,47,56,平成2,11,20,29年生)

2022年10月の一白水星の運勢(動画で見る)

全体運:新しいことを始めます。難しいことは、友人や仲間の助けを借りればうまくいきます。「食べる」機会が増えます。会食や飲食もそうですし「教養を身に付ける」ということも含まれます。口は災いの元、余計な一言が出そうです。

仕事・金運:本物を目指そう。業務内容や進退に迷いが出ます。食べたもので体が作られるように、育ちや普段の態度や言葉使いが品位や品格をつくります。「誰から」買うのか、という時代になります。本物、上質のもののインプットを意識してみましょう。お金は困らない程度には入ってきます。

愛情・家庭運:待ち人は来ません。お子さんがいる方は「しっかりと向き合う」ことが大切になってきます。

健康運:食べ過ぎ注意、歯や消化器系の疾患に注意。こころの栄養もお忘れなく。

開運のメッセージ:見た目は華やかですが、内実は空しい。真の実力を養う時。良い方へ向かっているので「気を付けながら」取り組めば良い。

※ラッキー方位:南、北東

二黒土星(昭和元,10,19,28,37,46,55,平成元年,10,19,28年生)

2022年10月の二黒土星の運勢(動画で見る)

全体運:運気は上昇し、気持ちも安定しています。それは周りのお陰です。何にでも「相手があること」を意識しましょう。

仕事・金運:関係者や周囲の方々と協力して行うと良い結果が出ます。今月はチームワークを意識するとうまくいきます。スタンドプレーはNG、手抜きはしない、工程を飛ばすことはタブーです。順序通り、手順を踏むことで上手くいきます。

愛情・家庭運:やきもちに注意。二股掛けてる人は、今月清算することになりそうです。

健康運:眼をご自愛ください。

開運のメッセージ:独りで出来ることには限界があります。他人の協力で成功する月。

※ラッキー方位:北、南西

三碧木星(昭和9,18,27,36,45,54,63,平成9,18,27年生)

2022年10月の運勢動画で見る)

全体運:男性は、停止しましょう。忍耐です。苦難が二回続きそうです。誰かと共同でやっていたことも足並みがそろわずストップしそうです。悪い意味ではありません。きちんと対処する、「知恵のある方」に相談することで乗り越えていくことができます。独断ではうまくいきません。女性は、今月出会うものは良くも悪くも「続いていきます」。ずっと付き合っていけるか、継続していけるか、無理はないか(支払っていけるのか)、自分にとって本当に必要なモノなのかよく考えましょう。勉強や趣味などで内容が良ければ、末永く役立ちます。

仕事・金運:男性は、準備不足や経験不足のため今は進むことができない、無理をすると失敗します。目標を下げるとか、見送ってしまうのも一つです。女性は、共同でやるのは良いですが、独立は、上手くいきません。今月、「やろうとしていること」は競争相手(ライバル)が多いです。それが本当に自分にとって必要なモノなのか考えましょう。予定より遅れますが、願いは叶います。

愛情運:男性:結婚できるような状態ではないようです。何が必要なのかを知って、それを補いましょう。出会いが足りないのか、理想が高いのか、調整することが必要のようです。

女性:お相手のいる方は、結婚へと話を進めていくことは良いです。違和感を感じる方との出会いや交際に疑問を感じる方(親から指摘される、など)は、後々、切りずらくなりますので、早めに清算した方が良いです。

健康運:消化器系をご自愛下さい。

開運のメッセージ:今月始めることは、良くも悪くも辞めることができません。本当に必要なモノ、コトなのか吟味してから始めましょう。

※ラッキー方位:北西

四緑木星(昭和8,17,26,35,44,53,62,平成8,17,26年)

2022年10月の四緑木星の運勢(動画で見る)

全体運:絶好調。今は、安泰です。安泰ということは、これまで、かなり頑張ってきた証拠です。安泰な今月のうちに将来のことを考え、手を打ちましょう。今月は、時間や体力に余裕があるからです。こういう時は、将来のために頑張った方が良いです。一息つくのは11月です。

仕事・金運
拡大・拡張する気を持つお部屋「乾宮」に入っていますので、意識や理想が高くなります。時間的・精神的余裕があるうちに、もう一段上を目指しても良いですし、次の一手を考えてしまいましょう。ひと段落したので、休みたい、遊びたいのは分かりますが、遊ぶのは11月です。コツコツとした地味な作業も根気よく取り組めます。また、目上の方、尊敬できる方が助けてくれるので、お願いしてみましょう。

家庭・愛情運:恋愛運は良いです。ただ、今月、結婚の話となると、別で、強引に話を進めても後でゴタゴタしそうです。

健康運:過労に注意です。

開運のメッセージ:自分の周りにあるもので使えそうなものがあるはずです。探してみましょう。

※ラッキー方位:なし

五黄土星(昭和7,16,25,34,43,52,61,平成7,16,25年)

2022年10月の五黄土星の運勢(動画はこちら)

全体運:欲が抑えられずに、飛びついたり、夢中になってしまったり、突っ走ったり、思い込みで動くと失敗します。多くは異性問題です。

仕事・金運:今月は、「うまい儲け話し」に飛びつきやすくなっています。身分不相応のものに手を出そうとします。手を出さない方が良いです。欲を出すと失敗してしまいます。契約事は、タイミングを失って結ぶことができません。

家庭・愛情運:今月は、異性問題要注意です。「順序」が間違っている時に、異性問題が起きます。あなたが熱をあげている人は「不釣り合い」である可能性が高いです。結婚の話が出ても、鵜呑みにしない方が賢明です。

健康運:ストレスによる不調(イライラ、不眠)

開運のメッセージ:欲や憧れだけでは、うまくいきません。冷静になりましょう。

※ラッキー方位:南西、北

六白金星(昭和6,15,24,33,42,51,60年,平成6,15,24年)

2022年10月の六白金星の運勢(動画はこちら)

全体運:物事が順調に運びますので、先月に引き続き「順序良く、はしょらずに」進めましょう。一気に片づけようとすると失敗します。手順を守り「ゆっくり」進めることでうまくいきます。あなたは、成功しつつあります。

仕事・金運:発展します。出張や移動が多く、何かと出費が多く、資金が不足しがち。

家庭・愛情運:結婚は、良い縁がまとまります。二股かけられてないか、気を付けましょう。

健康運:好調です。病も次第に良くなっていきます。

開運のメッセージ:急(せ)いては事を仕損じる。「ゆっくり」「じっくり」やることで本物の実力がつきます。効率化を求めるあまり「早いことが良し」とされる現代ですが、「手間暇かける良さ」というものを失いたくないですね。

※ラッキー方位:南、北

七赤金星(昭和5,14,23,32,41,50,59,平成5,14,23,令和2年生)

2022年10月の七赤金星の運勢(動画はこちら)

全体運:男性は、自分を大きく見せたい気が働いて、「何でも知っている、物知りだ」というように見栄を張ったり、外見を飾ろうとします。先が見えないので、人生に関わることや大きな決断は先延ばした方が良いです。小さいことは問題ありません。女性は、忍耐と我慢。現状維持が吉。正論が一切通じません。悔しいですが、そのような月です。

仕事・金運:男性は、金運より名誉運があります。褒められたり、認められたり、出世したりします。改装や改築を考えている方は、のれんや小物だけにしておく、とか人づきあいでは、見栄を張って散財しないようにしましょう。女性は、転職や起業などの大事は、時ではないので今は計画しない方が良いです。

家庭・愛情運:別れたくなる、距離を置きたくなります。

健康運:眼病にご注意ください。

開運のメッセージ:男性は、今月は万事、「小さく」「少し」「コンパクト」な方を選びましょう。女性は、「黙して語らず」潮目が変わるのを待ちましょう。必ず、脱出できます。

※ラッキー方位:北東

八白土星(昭和4,13,22,31,40,49,58,平成4,13,22,令和元年生)

2022年の10月の八白土星の運勢(動画はこちら)

全体運:争いが起こりやすいので、最初が肝心、すぐに手を引くか、争いそうになったら、歩み寄りましょう。本当は、目上の信頼できる方に相談するのが良いのですが、反発してしまいそうです。

仕事・金運:交渉事は平行線、いくらこちらが正しいからと、徹底的に争おうとすると訴訟にまで発展しそうです。第三者に入ってもらって、ほどほどのところで折り合いを付けましょう。目上の方とぶつかりそうです。新しいことは、始める月ではありません。目標を変えて計画を練り直しましょう。

家庭・愛情運:交際相手とは、育ってきた環境や価値観がずいぶん異なり、喧嘩が絶えないようです。交際を一度、リセットするのも良いでしょう。粘っても時間の無駄となります。

健康運:精神的に落ち込みそうです。

開運のメッセージ:問題は、争わずに解決しましょう。争いに勝ったとしても、その関係が決裂してしまうのも考えものです。

※ラッキー方位:南西

九紫火星(昭和3,12,21,30,39,48,57,平成3,12,21,30年生)

2022年10月の九紫火星の運勢(動画はこちら)

全体運:人や物、情報が集まります。一見良いように見えますが、色々なものが集まる時は、その中に予想外のトラブルやあなたを貶めるものもあることを想定して、その扱いやセキュリティの強化が必要です。

仕事・金運:商売が繁盛します。ライバルが出てきて争いの暗示あり。手腕や統率力が問われます。人が集まり、会食やレジャーで出費が増えます。人のお世話をする機会が増えます。

家庭・愛情運:シングルの方は、出会いのチャンスあり。

健康運:食べ過ぎは万病の元。

開運のメッセージ:出かけたいけど、どこへ行けば良いかわからない時は、お墓参りに行くことも有意義です。

※ラッキー方位:北西

まとめ

10月に、「2023年の暦」を発売する予定です。先着50冊となる見込みです。はっきりしましたら、ライン公式よりお知らせいたします。

2022年壬寅・五黄土星を知りたい方はコチラ

四柱推命が難しかった方へ

タイトルとURLをコピーしました