2020年5月24日よりホームページがリニューアルしました。

流派による画数の数え方の違い

姓名判断 流派の違い流派の違い

赤ちゃんの名づけの参考やご自身の運勢を知りたくて、姓名判断の無料サイトを見ると、サイトによって、「画数が違う」「どの流派が正しいんだろう」と悩まれる方もいるのではないでしょうか。

私は、どのサイト(流派)が「正しい」「間違っている」ということはないと思います。「考え方の違い」だと考えます。

画数がサイト(流派)によって数え方が違うのは、どうしてでしょうか?

姓名判断の流派の違い

本字派か筆勢主義派か

まず、昭和初期、日本に姓名判断を普及された第一人者であられる熊崎健翁先生(「五聖閣法」と言う名前で姓名判断を発表)の画数の数え方「本字(元字、正字)派」と書き順通りに数える(漢和辞典に載っている画数)「筆勢主義派」かによって画数の数え方は違います。

「本字」とは、漢字本来の意味や成り立ち、すなわち「語源」から画数を計算しますが、必ずしも「旧字体」の画数と同じになるとは限りません。

例えば、「さんずい」を「3画」と筆順通りに数える筆勢主義(漢和辞典の画数)派に対して、本字派は、「さんずい」は、本来「水」からなるので「4画」と数えます。

旧字体か新字体か

また、「旧字体」の画数を数えるか、「新字体」の画数を数えるかも流派によって分かれます。例えば、「澤」は旧字体で「16画」、「沢」は新字体で「7画」と数えます。

当会の画数の数え方

私はどのように画数を数えているのかと申し上げますと、熊崎式ではございません。

基本的に戸籍の漢字が旧字体なら旧字体、新字体なら新字体の画数を漢和辞典の画数通りに数える方法(=筆勢主義)を用いております。

しかし、戸籍の名前が旧字体でも、普段の生活で新字体で姓名を書いているのなら、新字体の画数で鑑定した方が、「当たっている」と言われるケースが少なくありません。

この場合も、「当たっている方」を参考になさって下さい、と申し上げます。

「なんだ、姓名判断なんてしょせん、その程度の信ぴょう性なのか」と思われるかもしれませんが、姓名判断の信ぴょう性がその程度か否かは別として、「普段使う名前」でその人が認知され、運勢が宿ると考えます。

考え方が違うからと言って批判し合うのは・・・

どのサイト(流派)を参考にするかどうかは、その姓名判断士の考え方も含めて、お客様がお決めになるのが良いと思います。

姓名判断に限らず、私は、「完全なオリジナル」というものはないと思います。弘法大使が唐で学んだのち記した「聲字相義(せいじそうぎ)」が原点だといわれています。

後世が、それを研究・改良し経験や知識を加えて「〇〇流」と名乗っておられるのかと存じますが、もし、一方が他方の流派を批判するということがあるならば、運勢を扱うものとしては残念に感じます。

タイトルとURLをコピーしました