▶Youtubeチャンネル登録(来月の運勢)はコチラ◀
お好きな時間にご自宅で
姓名判断/九星気学動画講座

【九星気学】2023年9月(辛酉)の運勢

2023年9月の占い九星気学今年・今月の運勢

9月は、8日06:27「白露」より始まり、10月7日までとなります。

日中は暑いのですが、夜に大気が冷えて草花の葉に朝露が付く頃を「白露」と言います。

テレビCMでは、おせちの早期予約販売の宣伝が出始めました。書店も来年のカレンダーや手帳が並び始める頃ですね。

私の講座でよく取り上げる「ダイソーの暦(高島易断総本部歴書館編纂・運勢暦)」も、ダイソーさんに並び始めた(と生徒さんから聞きました)ようです。

九星気学で運勢や吉方位、吉日を知るためには「暦」が必要ですが、趣味でなさる程度でしたら、この100円(税別)のダイソーさんの暦で充分です。軽くて持ち運びにも便利ですよ。

2023年9月の運勢(9月8日~10月7日まで)

「9月8日」に一斉に運気が変わる訳ではありません

東洋の占いでは、月の始まりは「一日」から始まるのではなく「節入り」から始まります。

節入りは、月によって、年によって一日ずれたりもしますが、大体、月初4~8日くらいになります。これは暦(高島暦と呼ばれるものや万年暦)で確認いただかないとわかりません。

そして、節入りと同時に運気が「ガラッ」と切り替わるわけではなく、人によっては、半月ほど前から、または、節入りを過ぎてから「徐々に」運気が変わっていきます。体感には個人差があります。

8月の気がフェードアウトして、段々と9月の気にフェードインしますので、月の変わり目(端境期はざかいき=8/25頃~9月10日頃)は両方が混ざったような運気になるため、端境期での吉方取りは、なるべく避けるのが良いと思います。

白露とは 

二十四節気と七十二候

農作業をする上で、季節を知ることは重要です。そのため、二十四節気は中国で作られました。

1年を24等分し約15日ごとに季節感がわかる名前をつけたのが二十四節気です。

この二十四節気をさらに3つに分けたのが七十二候。一つ当たり約5日間ですので、より細かく季節感を表現できます。

しかし、こちらも中国から伝わってきたもの、中国と日本は気候が異なります。そのため、七十二候は、幾度か改訂されています。

なお、「二十四節気と七十二候」は太陽の動きを元に決められているため、毎年、同じ日付になるとは限りません。(参考文献:「日本の365日に会いに行く」永岡書店)

9月の全体の運勢

9月の月盤は「一白水星」が真ん中になります。

九星気学は盤の上が南です。

一白水星が放つ気がテーマとなる9月となります。

一白水星と言えば「水」の気に満ちておりますから、水が話題となる9月になるでしょうね。

新潟の田んぼでは、猛暑による渇水で川の水位が下がり海水が逆流、農業用水に塩水が混ざり、収穫前の稲穂が茶色に変色してしまいました。

また、福島第一原発の処理水の放出が、8月24日に始まりました。安全性に問題はないと言われていますが、一部の団体や近隣国は「汚染水」として騒いでいます。このため、福島県の海産物に対する風評被害が懸念されています。

そして、「水」と言えば、9月は台風シーズンです。急な雨や土砂崩れなど、充分に気を付けたい9月です。

個人の運勢を知ることも大切ですが、全体的な9月の気の流れも知っておかれるとご自身の7月の過ごし方の参考になると思います。9月の過ごし方・心構えをご覧ください。9月の吉日もご紹介しております。

9月の吉方位(きちほうい・きっぽうい)

天道

9月は「東北」が吉方位の一つ「天道方位」です。

天道とは?
全ての人に良い方位とされていますが、五黄殺・暗剣殺・月破と重なると使えません。
個々によって異なる凶方位である本命殺・本命的殺・月命殺・月命的殺を天道が、その凶作用を打ち消すとも言われています。

月徳

今月9月は「酉月」ですので月徳は「酉(西)」となります。最大吉方が三碧木星の方には、開運方位となります。

月徳とは?
無理と言われていた愛が実ったり、思いがけない相手に巡り会えた、という特に女性に嬉しい方位です。その月の干支の方位になります。
12月(子)・・・北
1月(丑)・・・北北東
2月(寅)・・・東北東
3月(卯)・・・東
4月(辰)・・・東南東
5月(巳)・・・南南東
6月(午)・・・南
7月(未)・・・南南西
8月(申)・・・西南西
9月(酉)・・・西
10月(戌)・・・西北西
11月(亥)・・・北北西

9月の凶方位(きょうほうい)

今月の凶方位は、五黄殺は「南」、暗剣殺は「北」、月破は「東」です。
引っ越しや開運旅行として2泊3日以上の旅行に行かれる場合は、これらの凶方位の他に、あなたの本命殺月命殺も避けるのが無難です(1泊2日や日帰り旅行は、気にする必要はありませんが、筆者の感覚としては「約100Km以上の移動」は、日帰りや1泊2日であっても「月盤」の影響が出るように思います)本命殺や月命殺は、人によって異なります。ご自身のご自分の吉方位・凶方位を知りたい方は、こちらまでどうぞ。

9月の吉日

※厳密には、その日の干支とご自分の干支の相性が良くなければ、吉日にはならないのですが、そこまで占い師に観てもらわなくても良い、簡易的に吉日を知りたい、と言う方は、ご参照ください。

天赦日(テンシャニチ)

9月はないですが、次回は、10月17日(火)です。

天赦日とは、年に数回のレアな吉日。何かを始めるのに適した日です。

9月の一粒万倍日

一粒万倍日とは、何か事を始めると、一粒の籾が万に実るかの如く、発展する日と言われていますが、物を借りたり、お金を借りるのは良くないとされます。9月の一粒万倍日は「卯」と「申」の日です。
9月11日(月)
9月18日(月)
9月23日(土)
9月30日(土)
10月5日(木)

本命星別の9月の運勢

※ご注意※ 節分(2/3頃)前に生まれた方は、前年が「生まれた年」となります。
ラッキー方位は、本命星からしか観ておらず、なおかつ「生気」方位しかとっておりません。吉方取りをなさる場合は「月命星」からも観ます(「最大吉方位」と言います)詳しく知りたい方は、個人鑑定をご利用ください。

一白水星(昭和2,11,20,29,38,47,56,平成2,11,20,29年生)

2023年9月の一白水星の運勢(動画)

陰陽両方の気が混ざり合う「中宮」に入るので、吉凶混合。強引になりがちですが、周囲の意見に耳を貸しましょう。

「リセット」したくなる、「原点回帰」だったり、「仕切り直す」ことになります。

そのため、転職や引っ越しをしたくなる方もいるでしょう。

お出かけしたくなる、人に連絡しようとする9月になります。外出に伴って、お金を使う機会が増えます。婚活を始めたり、縁談が調って結婚が決まる人もいるでしょう。

おしゃべりには注意!失言の暗示あり。

ラッキー方位:南西

二黒土星(昭和元,10,19,28,37,46,55,平成元年,10,19,28年生)

2023年9月の二黒土星の運勢(動画)

乾宮に入るので「理想が高く」なります。夢や理想実現のため時間やお金を惜しまず、忙しく動きます。

業務内容、身辺の変化、生活リズムが変わっていきます。

お墓参りがラッキーポイント。

スポーツでのケガ、交通事故にお気をつけください。

ラッキー方位:なし

三碧木星(昭和9,18,27,36,45,54,63,平成9,18,27年生)

2023年9月の三碧木星の運勢(動画)

「兌宮」に入りますので、自分にご褒美をあげたくなる月。レジャー、ショッピングやお出かけの機会が増え、出費も増えます。

9月は、思い切った決断をしようとします。カミングアウトしたり暴露されたりで秘密はバレてしまいます。契約事の類、書類の扱いにはダブルチェックで吉。

言い争い、口論には気を付けましょう。恋愛運はアップ。

ラッキー方位:北東

四緑木星(昭和8,17,26,35,44,53,62,平成8,17,26年)

2023年9月の四緑木星の運勢(動画)

「艮宮」に入ります。現状に対する不満から、これまで長くやってきたこと、習慣を「変える」9月になります。

家族のことが理由で、引っ越しや転職をする人もいるでしょう。あまり仕事のモチベーションは上がらないです。アルバイトや副業を始める人もいるでしょう。

人間関係や業務の整理、改善をしようとします。

ラッキー方位:西

五黄土星(昭和7,16,25,34,43,52,61,平成7,16,25年)

2023年9月の五黄土星の運勢(動画)

9月は「離宮」に入ります。8月に発生した家族や親族、相続の問題が引き続き、その事務処理などがありそうです。

秘密がある方は、バレてしまいます。

実績が出る、評価されるなど、一時的に華やかさを味わいますが、9月後半は段々、「坎宮(=厄月)」へと近づいていきます。やりたいことは、月の前半(9/8~23位迄)に済ませましょう。

仕事や作業は、はかどります。

ラッキー方位:南東、北西

六白金星(昭和6,15,24,33,42,51,60年,平成6,15,24年)

2023年9月の六白金星の運勢(動画)

坎宮=冬=厄月になります。

夫婦仲、健康、仕事のスキルアップなど「土台固め」を意識していきましょう。勉強や研究、読書をすると良いです。新しく何かを始める気配あり。

運気は、下がっていますので、気力体力が減退するようなことは、しない方が良いでしょう。特に、穴の疾患(耳鼻科、婦人科)にご留意を。

部下や子どものことで悩まされそうです。詐欺や盗難にお気を付けください。

ラッキー方位:北西、南西

七赤金星(昭和5,14,23,32,41,50,59,平成5,14,23,令和2年生)

2023年9月の七赤金星の運勢(動画)

坤宮に入ります。後厄のような運勢ですから、運気は少しずつ上昇します。今月コツコツ取り組んだことは10月に芽が出ます。今月は、評価や結果を求めず「縁の下の力持ち」で仕事や勉強をコツコツ取り組むのが良いです。

今まで色々あった人ほど「心機一転」の9月です。

旅行や出張に行き、知り合いが増えたり、取引や契約などの縁を結ぶ機会があるでしょう。

ラッキー方位:北西

八白土星(昭和4,13,22,31,40,49,58,平成4,13,22,令和元年生)

2023年9月の八白土星の運勢(動画)

震宮に入りますので「運気の春」。今までやってきたことが、目に見える形になって表れてきます。良いこともそうでないことも顕現します。

「月破」がつくので、見当はずれ、計画倒れ、期待したほどではなかった、と言うことがあると思います。今月は、何でも「話半分」に聞いておきましょう。

PRが上手になる月、インターネットとの相性が良いのでSNSなどを活用した宣伝をすると良いでしょう。仕事は、コツコツと取り組めそうです。

お買い物は、傷ものをつかまされないように、よく確認してから購入しましょう。じんましんに注意。

ラッキー方位:南東、北西

九紫火星(昭和3,12,21,30,39,48,57,平成3,12,21,30年生)

2023年9月の九紫火星の運勢(動画)

今年は、厄年ですが、大分運気が上がってきたことを感じると思います。

今までの信頼が繋がる「巽宮」に入ります。行ったり来たり、出張の機会があるかもしれません。出かけた先で縁を結ぶ、と言う意味から、縁談や契約、取引が増えそうです。

迷うとチャンスを逃します。9月から、新規のこと、新しいことを始めようとします。

目上の方の助けを頂いて「拡張」「拡大」しそうです。

ラッキー方位:北東、西

まとめ

9月も元気にお過ごしください。2023年の各本命星の運勢はこちらから、確認できます。2024年の運勢は、10月に公開予定です。

四柱推命が難しかった方へ

タイトルとURLをコピーしました