▶ライン登録で「総格で診断する名前の運勢」プレゼント

お好きな時間に学ぶ

姓名判断動画講座
2023年の運勢

【九星気学】2022年7月の運勢

2022年 7月 占い今年・今月の運勢

例年より早く梅雨が明け、猛暑に見舞われていますね。

こんなにエアコンに頼る生活をしていて、「もし、電気が使えなくなったらどうなるのか」と思い、ひんやり掛布や敷布、扇風機代わりになるサーキュレーターを購入しました。

防犯上、窓を開けっぱなしにする訳にはいきませんし、風は吹いて来ても熱風ですしね。

関東内陸より沖縄の方がよっぽど涼しく、関東では、千葉県勝浦市が西、東、南の三方向から海風が流れ込み、昼間でも30度を超えることは無いそうです。避暑にいかがでしょうか。

2022年7月の運勢(7月7日~8月6日まで)

「7月7日」に一斉に運気が変わる訳ではありません

7月は、節入りの7日「小暑(※二十四節気と七十二候を参照)」11:38から始まりますが、そこから運気が「ガラッ」と切り替わるわけではなく、人によっては、6月25頃から「徐々に」運気が変わってきたことを感じる方もおられます(個人差があります)

小暑(しょうしょ)とは

小暑は、「本格的に暑くなる期間」ですが、今年は、既にもう暑いですね。暑中見舞いを出すのもこの頃です。立秋(8月7日)までには、届くように出しましょう。

二十四節気と七十二候

農作業をする上で、季節を知ることは重要です。そのため、二十四節気は中国で作られました。1年を24等分し約15日ごとに季節感がわかる名前をつけたのが二十四節気です。この二十四節気をさらに3つに分けたのが七十二候。一つ当たり約5日間ですので、より細かく季節感を表現できます。しかし、こちらも中国から伝わってきたもの、中国と日本は気候が異なります。そのため、七十二候は、幾度か改訂されています。なお、「二十四節気と七十二候」は太陽の動きを元に決められているため、毎年、同じ日付になるとは限りません。(参考文献:「日本の365日に会いに行く」永岡書店)

夏の土用期間

7月20日から「立秋」前日の8月6日までは「夏の土用期間」となります。

十二支を五行(木・火・土・金・水)に分類すると、辰(4月)未(7月)戌(10月)丑(1月)は「土」になります。ですから、土用期間は、この月々にあります。

土用期間は、季節の変わり目(春→夏、夏→秋、秋→冬、冬→春)の18日期間のことを言い、「土」の気が高まる期間です。

この期間は、土の神様(土公神・どくじん/どこうじん)が、土に戻って来るので、触らない方が良いと考えられてきました。

土公神とは?
陰陽道(おんようどう)で土をつかさどる神。春は竈(かまど)、夏は門、秋は井戸、冬は庭にあって、その季節にその場所を動かせばたたりがあるとされる。なお、地鎮祭にはこの神様に拝んでいます。参考文献:デジタル大辞泉(小学館)

土用期間にしない方が良いこと

土いじり(草むしり、地鎮祭、基礎工事、造園、穴を掘る)は、控えた方が無難といわれています。でも、ガス漏れや水漏れは、そんなこと言ってないで早く修理していただきましょうね。

その他に、土用期間は気が不安定になります。

大気が不安定になりますので、ゲリラ豪雨には気を付けたいですね。雨どいや排水溝に、落ち葉が溜まっていないか、お掃除もしておきましょう。

また、自律神経の調子が崩れやすく、不安になったりイライラしやすくなりますから、ゆったり穏やかに過ごすことを心がけましょう。

この期間、「我」や「エゴ」が強くなりますので、ケンカしやすくなります。家族間でもそうですし、電車内での些細なトラブルにも気を付けたいものです。

不穏な空気が流れたら、その場から離れるのが一番です。

土用期間だからといって、「新しいことを始めるのは控えましょう」とは言いませんが、初めてのことは緊張しますし、思いのほかストレスが溜まるものです。大事な事の決定も先送りにするのが良いでしょう。

この期間の過ごし方としては、ただでなくても、心身の調子を崩しやすい時ですから「深呼吸する」「お風呂にゆっくりと浸かる」「早めに就寝する」などを意識してみると良いでしょう。

電化製品も何故か調子が悪くなります。お手入れやコンセント周りのお掃除もこの機会にしておきましょう。

夏の土用の間日(まび)とは

でも、間日(まび)の日は、土神様は天に戻り、土を留守にするので土をいじっても良いそうですよ。

夏の土用の間日は「卯」「辰」「申」の日、7月25日(卯)、26日(辰)、30日(申)、8月6日(卯)の4日です。土用期間中、やむを得ず、土いじりをしなければならない日は、これらの日に行うと良いでしょう。

土用期間の吉方取りはしない方が良い?

気が不安定なこの時期に、行ったことのない場所にわざわざ行く必要もないかと思います。

寒暖差があったり、大雪や突然雨が降り出す大気が不安定なこの期間、旅行も楽しめなさそうです。

ちなみに、土用期間だけ「土用殺」という凶方位があります。

夏の土用期間の凶方位は「南西」になります。気になさる方は、その期間、その方位へわざわざ、出かける必要は無いと思いますが、用事やお仕事でやむを得ない場合は、気を付けて行かれたら良いと思います。

中止や延期の必要はないでしょう。

土用の丑の日

ウナギをいただく「土用の丑の日」は、今年は7月23日(土)です。その12日後の8月4日(木)が「二の丑」です。

土用の丑の日にウナギを食べるようになったのは、暑い夏、油っぽいウナギの売り上げが落ちることから、「栄養たっぷりのウナギを食べて暑い夏を乗り切ろう」と、江戸時代の発明家、平賀源内のアドバイスを受け、そのように宣伝したウナギ屋さんによるものと言われております(諸説あり)

ウナギの他にも「う」のつく食べ物を食べモノを食べることで「夏負けしない」と言われています。ウナギ以外にも、梅干し、うどん、瓜・・・栄養価は、ウナギに劣りますね^^;

7月の全体の運勢

7月の月盤は「六白金星」が真ん中になります。

九星気学は盤の上が南です。

六白金星は、易卦では「天」を表し、「神(のような立場の方)」「先祖」「政府、官公庁」「政治」「首相」「争い」「投資」「施す」「活動的」「健康」という意味があります。

6月は、七赤金星が中宮でしたので、金融・経済・銀行の話題として、円安や政策金利継続の話題、また給付金詐欺が話題になりました。また、恋愛(=男女の性交渉)という意味もあり、性犯罪のニュースも目立ちましたね。

詳しくは、【7月の運勢心構え】全体の運気の流れ、7月のテーマはズバリ〇〇!桃ドロボウ?!夏土用、隠遁切り替え、危険日、事始めの「甲子日」をご覧下さい。

さて、7月は、「六白金星」が真ん中に入りますので「政治」や「夏の参院選」が話題になりそうですね。金融経済、レジャーの星「七赤金星」に暗剣殺が付きますので、景気も良くないでしょう。

また、六白金星には「スポーツ」「ボール」「丸いもの」という意味もあります。そのせいかわかりませんが、私事ですが「7月に一カ月だけテニス」をすることになりました。不思議ですね。

真ん中の星の事象と縁を持つようになります。

7月の開運行動

六白金星には、夢や理想が大きくなる、という意味があります。

九星の象意(意味)は、易の八卦(小成卦)からきておりますが、六白金星は「天」を表します。天は限界がないですよね。限界がないことを「青天井」と言ったりもします(空=無限)

このことから、7月は、夢や理想を持つと良いですよ。「夢なんて忘れたわ」という方も、「まだ行ったことのない〇〇県に行ってみよう」でも良いです。

日本人の寿命は世界一だと言われて久しいですが、「健康寿命はマイナス10歳」とだそうです。つまり、介護の手も借りず、行きたい所へ行き、やりたいことができる気力・体力があるのは70代までということになります。

もちろん、80代、90代でも現役バリバリの方はいますが、人生は長いようで短いです。

夢を持ち、夢を叶え続けましょう。その方が、健康で長生きできそうです。

7月の吉方位(きちほうい・きっぽうい)

天道

今月は「東」が吉方位の一つ「天道方位」です。

天道とは?
全ての人に良い方位とされていますが、五黄殺・暗剣殺・月破と重なると使えません。
個々によって異なる凶方位である本命殺・本命的殺・月命殺・月命的殺は、その凶作用を打ち消すとも言われています。

月徳

今月は「未=南南西」となります。
最大吉方位(人によって異なります。本命星から観ても、月命星から観ても相性の良い方位のこと)となる星が「三碧木星」になる方は、今月、「南寄りの南西」を意識して、旅行なさると良いでしょう。

二泊三日以上、出来るだけ遠くへ行くことで方位の効果「南西」は、妻・母の運勢アップ、仕事運アップ(自営業、経営者は除く)が期待できます。

月徳とは?
無理と言われていた愛が実ったり、思いがけない相手に巡り会えた、という特に女性に嬉しい方位です。その月の干支の方位になります。
12月(子)・・・北
1月(丑)・・・北北東
2月(寅)・・・東北東
3月(卯)・・・東
4月(辰)・・・東南東
5月(巳)・・・南南東
6月(午)・・・南
7月(未)・・・南南西
8月(申)・・・西南西
9月(酉)・・・西
10月(戌)・・・西北西
11月(亥)・・・北北西

7月の凶方位(きょうほうい)

今月の凶方位は、五黄殺「南東」暗剣殺「北西」、月破「北東」です。
引っ越しや開運旅行として二泊三日以上の旅行に行かれる場合は、これらの凶方位の他に本命殺月命殺は避けるのが無難です(一泊二日や日帰り旅行は、気にする必要はありません)本命殺や月命殺は、人によって異なります。ご自身のご自分の吉方位・凶方位を知りたい方は、こちらまでどうぞ。

7月の吉日

※厳密には、その日の干支とご自分の干支の相性が良くなければ、吉日にはならないのですが、そこまで占い師に観てもらわなくても良い、簡易的に吉日を知りたい、と言う方は、ご参照ください。

天赦日(テンシャニチ)

7月はありません。最近、天赦日は、ジャニーズのレコード発売や芸能人の入籍に使われてますね。

次回は、8月23日(火)、10月22日(土)です。

天赦日とは、年に数回のレアな吉日。何かを始めるのに適した日です。

7月の一粒万倍日

一粒万倍日とは、何か事を始めると、一粒の籾が万に実るかの如く、発展する日と言われていますが、物を借りたり、お金を借りるのは良くないとされます。7月の一粒万倍日は「酉」と「午」の日です。

7月7日(木) 
7月16日(土)
7月19日(火) ※月三殺
7月28日(木)
7月31日(日) ※月三殺

その他の日

7月10日(日)隠遁始め、甲子日
7月20日~8月6日 夏の土用期間
7月23日(土) 土用の丑の日
8月4日(木) 二の丑

本命星別の7月の運勢

※ご注意※ 節分(2/3頃)前に生まれた方は、前年が「生まれた年」となります。
ラッキー方位は、厳し目に観ています(引っ越しに使う方がいるかもしれませんので「年盤の」五黄殺、暗剣殺、歳破の方位も考慮しています。他のサイトでは、3つ4つラッキー方位があるかもしれません。その場合は、月盤のみの吉方位だと思われます。引っ越し以外で活用すると良いでしょう)

一白水星(昭和2,11,20,29,38,47,56,平成2,11,20,29年生)

2022年7月の一白水星の運勢(動画で見る)

全体運:離れる、距離を置くから離合集散の月。スポットライトが当たる月=認められる、評価される、実績が出る、もしくは、過去の問題、特に文章、契約にまつわる書類に不備が見つかる暗示あり。

仕事・金運:出世する、評価される等、一時的な華やかさはあるが、内面は不安、満足しずらい。コツコツする作業がはかどります。人の目が気になり、美容(化粧品、脱毛、ファッション)にお金が掛かりそうです。

愛情・家庭運:「離れたい」「別れたい」という気になります。冷却期間、心地よい距離感を意識してみて。近づき過ぎたり、一緒に居る時間が長くなるとストレスになります。

健康運:眼病、頭痛にお気をつけください。

開運行動:8月は、運気の冬「坎宮」に入ります。7月、良い結果が出たとしても、8月には下がることを忘れずに心の準備をしておきましょう。

※ラッキー方位:なし

二黒土星(昭和元,10,19,28,37,46,55,平成元年,10,19,28年生)

2022年7月の二黒土星の運勢(動画で見る)

全体運:今年で一番しんどい月となります。「運気の冬」の部屋に入りますので現状維持で吉です。気苦労や孤独感を感じやすいですが、自分を高めることに意識を向けましょう。何か新しいことを始めようと考える月になりそうです。

仕事・金運:積極的に外に向かうのではなく、勉強、研究、計画を立てるのに良い月です。結果が出る時ではありません。金運は、お仕事を休んだらその分、収入が減る暗示があります(歩合制、日給月給制の方)

愛情・家庭運:寂しさを異性で癒すのはキケンです。気が付いたら不倫していた、なんてことにもなりかねません。パートナーがいる方は、親密な関係を築けそうです。

健康運:冷えに注意。寝冷えや冷たいものの取り過ぎにご注意ください。

開運行動:淋しさを異性に求めるのではなく、この機会に心理学の本に触れ、自分で自分を癒す術を学んでみましょう。

※ラッキー方位:西

三碧木星(昭和9,18,27,36,45,54,63,平成9,18,27年生)

2022年7月の運勢(動画で見る)

全体運:6月しんどかったことでしょう。まだ、後厄のお部屋ですが、7月20日頃より運気は上昇していきます。8月は運気の春、発芽の部屋に入ります。芽を出そうと思えば、7月に種まきをする必要があります。7月は黙々と実践、実行する月です。

仕事・金運:ホームページのリニューアル、ブログ記事の作成など地道な作業がコツコツとはかどりそうです。その結果、信頼を得、8月にかけて、ご依頼が増えていきそうです。金運は、家屋のことで出費がありそうです。

愛情運:古いご縁が再燃しそうです。昔、知り合った知人から恋愛に発展しそう。復活愛もありそうです。奥さんのいる方は奥様との関りが増えそうです。

健康運:多忙による過労、胃腸にご留意ください。

開運行動:手つかずのことでも、小さなことから、手を付けられそうなことから始めてみましょう。気が付けば、片付いていますよ。

※ラッキー方位:東、南

四緑木星(昭和8,17,26,35,44,53,62,平成8,17,26年)

2022年7月の四緑木星の運勢(動画で見る)

全体運:今年好調な四緑木星さん。今まで取り組んできたことの芽が出ます。新しいことをあれもこれもやりたい、という意欲が湧きます。時間と予算が許せば、ぜひ、挑戦してみて下さい。

仕事・金運:5月から準備してきた内容(副業など)が、ようやく反応が出てきます。宣伝・広告と縁あり、SNSに力を入れてみましょう。金運は、新しいことをすることでお金が掛かります。買い物は、傷ものをつかまされないように確認してから購入しましょう。

家庭・愛情運:新しい出会いがあります。自己PRが上手にできそうです。気になる方がいたら「自分から」声を掛けてみましょう。

健康運:ノド荒れ、睡眠不足からくるアレルギーの悪化にご注意ください。

開運行動:欲を出し過ぎると失敗します。ほどほどにしておきましょう。

※ラッキー方位:南、南西(土用殺になります。気になる方は土用期間7/20~8/6は避けて下さい)

五黄土星(昭和7,16,25,34,43,52,61,平成7,16,25年)

2022年7月の五黄土星の運勢(動画で見る)

全体運:ご縁が結ばれます。遠方や懐かしい方から嬉しい便りがありそうです。人から頼まれることが多くなったり、ボランティアをする機会もあり、多忙な月となります。

仕事・金運:商談、契約がまとまります。依頼が増えますので、安請け合いはトラブルの元、無理をしてまで受ける必要はありません。今月は、活動範囲が拡がりますので、旅費交通費、交際費がかかりそうです。

家庭・愛情運:交際相手がいなかった方は婚活を始めそうです。知人に婚活を始めたことをアピールしてご紹介をいただきましょう。交際中の方は婚約に至りそうです。

健康運:多忙による過労、夏風邪にご注意ください。

開運行動:旅行に行きたくなります。ふらふらと一人旅に行きたい気になります。

※ラッキー方位:北、西

六白金星(昭和6,15,24,33,42,51,60年,平成6,15,24年)

2022年7月の六白金星の運勢(動画で見る)

全体運:今年は、拡張拡大のため多忙な年。非常に充実感を感じていると思います。7月も好調で前のめり、やりたいようにできる月なのですが、ヒンシュクを買ってないかどうか、一旦止まって前後左右を見渡したい月です。

仕事・金運:内部の充実、足元を固めて「仕切り直し」ましょう。意外と内部に不満が有ったり、システムに不備がありそうです。早めに修繕しましょう。金運は、散財しやすい月です。上限を決めましょう。

家庭・愛情運:万事、強引に進めがち、相手の意向を確認しましょう。また、夏のせいか開放的な気分になり、魔が差しやすいので浮気心にご注意。

健康運:冷たいものの食べ過ぎで胃腸を壊さずに、また、刃物の取り扱いにもご注意ください。

開運行動:言葉に注意、優しい言い方を心がけましょう。

※ラッキー方位:北、西

七赤金星(昭和5,14,23,32,41,50,59,平成5,14,23,令和2年生)

2022年7月の七赤金星の運勢(動画で見る)

全体運:7月は、大きな夢や目標を掲げようとします。挑戦したい気になるのです。その実現のため、頑張ります。邪魔が入り、思うように進まず焦りそうですが、家族や親族が助けてくれます。目標達成のために何かを棄てる、そんな月にもなります。

仕事・金運:目上の方が助けてくれるので、懐に入って指導を仰ぎましょう。金運は、夢実現のために投資を惜しみなくしようとします。上限を決めて投資しましょう。ギャンブルは大きく負けます。

家庭・愛情運:長くお付き合いしてきた人は、結婚するかしないか、ハッキリさせます。パートナーのいない方は、親戚のおばちゃんに相談してみると良いです。

健康運:多忙による不注意でケガ、事故に注意。

開運行動:高い目標を掲げた人ほど焦ります。目標設定の見直しもあるかもしれません。変更も十分にあり得ます。

※ラッキー方位:北、西

八白土星(昭和4,13,22,31,40,49,58,平成4,13,22,令和元年生)

2022年の7月の八白土星の運勢(動画で見る)7/2(土)20時公開

全体運:兌宮に入ることから、遊びたくなる、外食が増える、おしゃべりになる、など「口」に関わる月となります。趣味やレジャーなどでリラックスする月になります。半面、不要なものや人間関係が整理されていく月ともなります。

仕事・金運:6月頑張りすぎたせいか、7月は仕事に身が入らないです。思い切ってリラックス、自分にご褒美を与えましょう。金運は、交際費、飲食、ショッピングに出費が増えます。金回りが良いので気持ちも大きくなりやすいです。

家庭・愛情運:シングルの方は、恋愛に発展する出会いがありそうですので出かけましょう。既婚者は、不特定多数の方と遊びたい気になります。自重しましょう。

健康運:食べ過ぎ、飲み過ぎにご注意。

開運行動:緊張感が薄れることから、失言に注意しましょう。

※ラッキー方位:北

九紫火星(昭和3,12,21,30,39,48,57,平成3,12,21,30年生)

2022年7月の九紫火星の運勢(動画を見る)7/3(日)20時公開

全体運:計画通りにいかないため焦りが出そうです。生活習慣を変える必要がありそうです。食生活、運動、睡眠など、過不足がないか見直してみましょう。また、家族や親族のことで生活リズムが変わったり、住居のリフォーム、引っ越しの検討もしそうです。

仕事・金運:仕事の段取りや上司が変わったりして、引継ぎが上手くいかない暗示があります。金運は、貯蓄に関することと縁があります。

家庭・愛情運:7月は、長すぎた春の決着を付けます。別れるか籍を入れるか、ハッキリします。婚活が上手くいかない方は、方法を変えてみる事をおススメします。

健康運:2022年は、医療や薬と関わる=生活習慣病にご注意です。服薬が始まる方もいます。今年来年は、健康にご留意下さい。7月は、階段から落ちたり、関節を傷めぬようにご留意下さい。

開運行動:思い付きで動くのは後悔の元。

※ラッキー方位:東

まとめ

7月で2022年の前半が終わりますね。もう一度、2022年の運勢を確認して、8月からの後半に備えましょう。

2022年壬寅・五黄土星を知りたい方はコチラ

四柱推命が難しかった方へ

タイトルとURLをコピーしました