▶ライン登録で「総格で診断する名前の運勢」プレゼント

お好きな時間に学ぶ

姓名判断動画講座

【九星気学】2022年2月の運勢

2022年 2月 九星気学 運勢今年・今月の運勢

立春2月4日から、2022年が始まります。

立春(2/4)の前に「旧正月(2/1)」を迎える今年は「成長力の強い年」と言われています。何かと自粛せざるを得なかった2021年よりも、活動が活発化していく一年になるとみます。

それに伴い、競争も激しくなりそうです。

2022年2月の運勢(2月4日~3月4日まで)

「節分」とは、わかりやすく

「節分」とは、季節の変わり目(分け目)

ですから、立春の前日、立夏の前日、立秋の前日、立冬の前日も「節分」なのですが、「立春の前日」が一年の終わりということで、この2月3日(2月2日の年もあります)の「節分」が重要視されてきました。

特に、邪気が入りやすいと考えられた一年の終わりのこの日に、一年の無病息災を感謝し、邪気を追い払う意味合いで、平安時代の宮中では、大晦日(旧暦12月30日)に鬼(疫鬼や疫神)を払う儀式(追儺ついな)が行われていましたが、これが豆まきの原型となったようです。

今は、特に都市部では、ご近所迷惑などに配慮しないといけない世の中になり、豆まきをするご家庭が少なくなってきているのではないでしょうか。

豆まきの他にも「鰯にヒイラギ」を刺したものを玄関先に魔除けとして飾ったり(大阪ではよく目にしましたが、東京では、あまり見ませんね)現代は、「恵方巻の丸かぶり」が節分の主要行事になったのではないでしょうか。

節分 豆まき 恵方巻 イワシひいらぎ

お母さんの夕飯の支度の手間も省けますし、我が家では、この数年、節分の日の夕飯メニューは、恵方巻(太巻き寿司)と豚汁になっています。

ご存じの方も多いと思いますが、恵方巻は、夏土用のウナギと一緒で、海苔屋さんの販売促進で広まったようですね。

いわれは諸説ありますが、江戸時代末期の大阪で、商人や芸子たちが節分に商売繁盛を祈り、「太巻き寿司」を切らずに食べたのがその始まり、とされていますが正確な起源は未詳です。具材は、七福にちなみ、7つの具を入れて巻くのが基本のようです。

その後、この風習は、一旦は途絶えるも1970年代に、大阪の海苔問屋さんたちのイベントにより復活、90年代に入り、スーパーで、2000年に入ってからは、コンビニで「恵方巻」として太巻きが販売されるようになり、「節分には太巻きを丸かじりする」なる文化が生まれたようです。

太巻きを「新年の恵方に」向かって食べると良いそうですが、食べるなら、新しく年が始まる「2月4日立春の日に」食べた方が良いのでは?と思ったのは私だけでしょうか。

旧暦と陰暦と節切の暦と新暦(グレコリオ歴)

結論から言うと良いんです!

「節分」という文化は「旧暦」を使っていた時代にできたもの。今でも、ひな祭りや端午の節句など、昔から伝わる伝統行事は旧暦に行う地域もあります。

今年は、2月1日が「旧正月(旧暦1月1日)」です。

旧暦ですと、2月1日から2022年は始まっているのです。

ですので、2月3日に、2022年の恵方に向かって恵方巻を食べても構わないのです(もっとも、その行為でどれくらい縁起を担げるか私にはわかりません^^;)

混同する理由として、九星気学や四柱推命は、1年の始まりを「立春(二十四節気・太陽ベース)」としておりますが(九星気学や四柱推命で使っている暦は「※節気暦=節切りの暦」です。それを「旧暦です」と説明なさる方がいます。旧暦と言えば、明治五年以前に使われていた暦は全て「旧暦」ですから、あながち間違いではないのですが、「旧暦」というと「太陽太陰暦(月の満ち欠けベースの暦に太陽の動きも参考にして「閏月」を加えたもの)」のことを指している場合が多いのではないでしょうか)

この節切の暦(二十四節気)の「立春」は、旧暦の「正月(1月1日)」そのものではありません。

※「節切りの暦」とは、月ベースの暦(旧暦、陰暦)だと農業で使いずらいため、太陽の動きを元に、一年を四季で分割、1つの季節をさらに6分割した「二十四節気(の暦)」のことです。イコール「旧暦」ではありません。ややこしい^^;

【暦の変遷】
太陰暦:月の満ち欠けを基準とした暦 ※実際の季節と合わない

太陰太陽暦(旧暦):太陰暦の問題点を閏月を入れることで改善した暦。今の太陽暦が使われ始めた明治5年までに使われていた暦。この頃にできた伝統文化は、今でも「旧暦」にやる地域もある。

太陽暦(グレコリオ暦):世界標準。「地球が太陽の周りを一周するのを一年」と定めたため季節と暦のズレはない。

暦は、昔から、特に農作業を生業として暮らしてきた日本人には、密接に暮らしと関わっていますね。精度の良い暦を作り上げるのは大変だったはず。先人たちに感謝いたします。

「2月4日」に一斉に運気が変わる訳ではありません

2月は、節入りの4日「立春(※二十四節気と七十二候を参照)」05:51から始まりますが、そこから運気が「ガラッ」と切り替わるわけではなく、人によっては、1月25頃から「徐々に」運気が変わってきたことを感じる方もおられます(個人差があります)

二十四節気と七十二候

農作業をする上で、季節を知ることは重要です。そのため、二十四節気は中国で作られました。1年を24等分し約15日ごとに季節感がわかる名前をつけたのが二十四節気です。この二十四節気をさらに3つに分けたのが七十二候。一つ当たり約5日間ですので、より細かく季節感を表現できます。しかし、こちらも中国から伝わってきたもの、中国と日本は気候が異なります。そのため、七十二候は、幾度か改訂されています。なお、「二十四節気と七十二候」は太陽の動きを元に決められているため、毎年、同じ日付になるとは限りません。(参考文献:「日本の365日に会いに行く」永岡書店)

2月の全体の運勢

2月の月盤は「二黒土星」が真ん中になります。

2022年 2月 九星気学 運勢

九星気学は、「上が南」です

二黒土星は、易卦の坤「地」という象意があります。二黒土星が真ん中に来ると、必然的に金融や飲食店を表す七赤金星は、冬の部屋「坎宮」に入ります。

2月は、経済が冷え込みそうですし、飲食店も厳しい運営となりそうです。

また、八白土星には、暗剣殺と月破が付きますからホテル、不動産業は、何かとスムーズにいかないとみます。

2月の吉方位(きちほうい・きっぽうい)

今月は「南」が吉方位の一つ「天道方位」です。

※天道は「五黄殺・暗剣殺・月破は抑え込むことはできないが、本命殺や本命的殺は抑えられる」という説もあります。ということであれば、二月は、南が本命殺や本命的殺になる「六白金星」さんや「七赤金星」さんがお使いになっても問題ないかもしれませんね。

「月徳」「寅=東北東」となりますが、2月は「五黄殺」ですから凶方位ですね。相殺はされないように思います。

月徳とは
無理と言われていた愛が実ったり、思いがけない相手に巡り会えた、という特に女性に嬉しい方位です。その月の干支の方位になります。
12月(子)・・・北
1月(丑)・・・北北東
2月(寅)・・・東北東
3月(卯)・・・東
4月(辰)・・・東南東
5月(巳)・・・南南東
6月(午)・・・南
7月(未)・・・南南西
8月(申)・・・西南西
9月(酉)・・・西
10月(戌)・・・西北西
11月(亥)・・・北北西

2月の凶方位(きょうほうい)

今月の凶方位は、五黄殺「北東」暗剣殺月破はともに「南西」です。
引っ越しや開運旅行として二泊三日以上の旅行に行かれる場合は、これらの凶方位の他に本命殺月命殺は避けるのが無難です(一泊二日や日帰り旅行は、気にする必要はありません)本命殺や月命殺は、人によって異なります。ご自身のご自分の吉方位・凶方位を知りたい方は、こちらまでどうぞ。

2月の吉日

※厳密には、その日の干支とご自分の干支の相性が良くなければ、吉日にはならないのですが、そこまで占い師に観てもらわなくても良い、簡易的に吉日を知りたい、と言う方は、ご参照ください。

天赦日(テンシャニチ)

2月はありません。
次回は、3月26日(土)です。

天赦日とは、年に数回のレアな吉日。何かを始めるのに適した日です。

2022年2月の一粒万倍日

一粒万倍日とは、何か事を始めると、一粒の籾が万に実るかの如く、発展する日と言われていますが、物を借りたり、お金を借りるのは良くないとされます。2月の一粒万倍日は「午」と「酉」の日です。

2月5日(土)  ※月三殺
2月10日(木)
2月17日(木) ※月三殺
2月22日(火)
3月1日(火) ※五黄土星中宮日

※の注釈は、凶の意味です。吉が半減になるとお考えになると良いでしょう。

本命星別の2月の運勢

※ご注意※ 節分(2/3頃)前に生まれた方は、前年が「生まれた年」となります。
ラッキー方位は、厳し目に観ています(引っ越しに使う方がいるかもしれませんので、万全を期して「年盤の五黄殺、暗剣殺、歳破の方位も考慮」しています。他のサイトでは、3つ4つラッキー方位があるかもしれません。その場合は、月盤のみの吉方位だと思われます。引っ越し以外で活用すると良いでしょう)

一白水星(昭和2,11,20,29,38,47,56,平成2,11,20,29年生)

2022年2月の一白水星の運勢(動画で見る)

全体運:これまでに取り組んできたことが花開きます。ご縁が結ばれる月。遠方より嬉しいニュースが舞い込むでしょう。人と会うアポイントメントが増え、飲食を伴う外出をする機会が増えます。優柔不断になりやすいので、返事は先送りせず、無理なことは最初から断った方が良いでしょう。

仕事・金運:お取引が増え、活動範囲が広がります。それにともなって収益も上がりますが、多忙になります。交通費、交際費が掛かります。

愛情・家庭運:未婚の方は結婚のチャンスです。結婚したい気になりますので婚活を始める方もいるでしょう。交際中の方は、結婚へ話が調います。

健康運:多忙で人と会う機会が増えるため、感染症、過労に気を付けましょう。

開運行動:時には、会って話すことも必要。引きこもりがちになりやすい一白水星さんですが、外の気に触れることも良いリフレッシュになります。

※ラッキー方位:西

二黒土星(昭和元,10,19,28,37,46,55,平成元年,10,19,28年生)

2022年2月の二黒土星の運勢(動画で見る)

全体運:いつもの「縁の下の力持ち」な二黒土星さんらしくない月。我が強くなりがち、強引に物事を進めてヒンシュクを買いそうです。今月は、吉凶が極端に出がちな月。内面の充実と周囲との協調を意識しましょう。

仕事・金運:好調続きだったため、無理をしそうです。今月は一旦、立ち止まって仕切り直しましょう。取捨選択ややり方を変えるなど、変更も余儀なくされるでしょう。新しいことを始めるよりは、足元固めの月。周りの意見に耳を傾け謙虚に、改める点は改めると3月に大きく結果へとつながります。

愛情・家庭運:独断で進めると信頼を失いかねません。何かを決める際には、家族や相手の意見も聞いてからにしましょう。

健康運:胃腸をご自愛ください。

開運行動:何事も腹八分で(欲張ると運を逃してしまいます)

※ラッキー方位:東

三碧木星(昭和9,18,27,36,45,54,63,平成9,18,27年生)

三碧木星さんの2022年2月の運勢(動画で見る)

全体運:目上の方の引き立てがあり、公私ともに多忙な月となります。実績や成績が上がるでしょう。引き立てて下さる目上のお陰だという気持ちを忘れなければ、そのまま上昇運に乗ります。

仕事・金運:夢や理想が大きくなり、大きな案件や目標に挑戦しようとします。そのために、自己投資としてお金を大きく使うかもしれません。人のためにお金を使うのが良いです。健康維持のためにジムなどに使うのも良いでしょう。

愛情運:別れの暗示があります。あなたが成長したからなのかもしれません。

健康運:体を動かしたくなるので、ジムやに通い始める方もいるでしょう。過労、高血圧、右足の骨折にご注意。

開運行動:慢心注意、自分のお陰と思ったら運が逃げる。

※ラッキー方位:西

四緑木星(昭和8,17,26,35,44,53,62,平成8,17,26年)

2022年2月の四緑木星の運勢(動画で見る)

全体運:好調さが引き続き、楽しいことや嬉しいことが増える月となります。会食の機会が増え、遊園地やコンサート、イベントなど、お出かけの機会が増えます。楽しい思い出が作れるでしょう。

仕事・金運:仕事は、部下のことで悩みそうです。副業を始める人もいるでしょう。金運は、レジャー、飲食、交際費でお金を散財しそうです。予算を決めて、予算内で楽しみましょう。

家庭・愛情運:お子さんがいる方は、お子さんに関することで心配事がありそうです。シングルの方は、恋愛のチャンスが到来ですが、体だけの関係になりやすいです。ご自分を安売りしないように。

健康運:食べ過ぎ、飲み過ぎにご注意。

開運行動:聞き上手で吉。

※ラッキー方位:南東、北西

五黄土星(昭和7,16,25,34,43,52,61,平成7,16,25年)

2022年2月の五黄土星の運勢(動画で見る)

全体運:焦りが出てきます。仕事や介護、置かれていた立場、これまで長く続いてきた人間関係など、今まで続けてきたことをに対して、取捨選択や決着を付けようとします。変化を求める、変化を強いられる月です。

仕事・金運:焦りから、縮小あるいは拡大、業種替えや転職をしたくなります。焦って決断を出すのは早計です。立ち止まって、色々な角度から検討しましょう。また自分の意に反して、異動や転勤もあるかもしれません。金運は、家族や親族と相続の話が出ます。

家庭・愛情運:同棲中の方、長く交際しているカップルは「結婚するのか、しないのか」けじめをつけようとする月です。既婚者は、家族や親族のことで住まいのリフォームや引っ越しの話が出そうです。

健康運:肩、腰、関節が不調気味です。

開運行動:断捨離をしよう。

※ラッキー方位:東

六白金星(昭和6,15,24,33,42,51,60年,平成6,15,24年)

2022年2月の六白金星の運勢(動画で見る)

全体運:昇進する、売り上げがドカンと上がる、など打ち上げ花火的な華やかさがあり、称賛される月。これからが、本当に実力を問われることになりますので、気を引き締めて事に当たりましょう。

仕事・金運:栄転、出世しそうです。嬉しいことですが、それだけ責任やプレッシャーがかかってきます。月後半から3月は、その名にふさわしく根を張る時期、内容が問われてきます。契約書など書類の捺印やメールの誤送信など文章の取り扱いは慎重に。見栄を張りたくなって高価な物を購入しそうです。

家庭・愛情運:離合集散の気が働きますので、お世話になった人や親しい人との別離や愛用品を手放す暗示があります。

健康運:眼精疲労、高血圧にお気を付けください。

開運行動:出世がゴールではない、その先を見据えて。

※ラッキー方位:南東

七赤金星(昭和5,14,23,32,41,50,59,平成5,14,23,令和2年生)

2022年2月の七赤金星の運勢(動画で見る)

全体運:冬の部屋(坎宮)に入ります。運気の低迷を感じて、疑い深くなったり、悪い方悪い方へと考えてしまいがち。考え過ぎです。あなたを信頼している人がたくさんます。頼ってくる人に丁寧に対応しましょう。2022年の設計図を描くに良い月。

仕事・金運:集中力が高まりますので、土台固め=スキルアップ、資格習得の学修などにはもってこいの月。今月は、一人コツコツと力を蓄えましょう。部下のことで悩みそうです。一人で遠出にお金を使いそう。

家庭・愛情運:子どもがいる方は、子どものことで心配事がありそう。男女トラブルにも気を付けたい月となります。

健康運:疲れやすく、気力が続きません。夜更かしせず、意識して早めに就寝しましょう。

開運行動:来るもの拒まず、去る者追わず。

※ラッキー方位:南東

八白土星(昭和4,13,22,31,40,49,58,平成4,13,22,令和元年生)

2022年の2月の八白土星の運勢(動画で見る)※2月2日20時公開

全体運:坎宮に居た1月から運気が上昇すると思いきや、暗剣殺と月破が付くので、なかなかスムーズに物事が進みません。引っ越しやリフォームなど、不動産関係のことは、緊急を要しない事であれば、変化を望まず、コツコツと現状維持が良いです。

仕事・金運:契約打ち切りとか、残念なことがあるかもしれません。そういう時もあります。3月から運気が上昇しますので、3月に備えて、今の状況でできることをしましょう。拡張とか方針転換とか強引にしても無理がありそうです。収入減になるかもしれません。ここは辛抱です。

家庭・愛情運:お母さんとのいざこざ、奥さんとのケンカがありそうです。ここは、一旦、相手を立てて自分を下げましょう。結婚を考えている方は、今月ゴタゴタしそうです。

健康運:ストレスで胃腸の動きが鈍りそう。

開運行動:下町の人情に触れてみる。

※ラッキー方位:東

九紫火星(昭和3,12,21,30,39,48,57,平成3,12,21,30年生)

2022年2月の九紫火星の運勢(動画を見る)※2月3日20時公開

全体運:気持ちは、前のめり。新しいことをしたくなります。意欲が湧き、やる気が出て万能感を感じます。大きな結果を出すことが出来そうです。ただし、独断はヒンシュクを買います。活動的で忙しい月となります。

仕事・金運:目上の方が気にかけて下さり、予算もくれます。新規事業や拡張は、計画通りに自信を持って大胆に進めましょう。でも、好調な時ほど空回りと背中合わせなので、要所要所は上司の判断を仰ぎましょう。金運は、詐欺や上手い話し、契約を急かす相手に注意です。

家庭・愛情運:あまり、恋愛モードにはならない月。「いい人がいる」と言われ会ってみたら、そうでもなかった、ということがありそう。お子さんを望む方はチャンスあり。

健康運:止まらない咳にご注意。

開運行動:独りで決めない。

※ラッキー方位:北西

まとめ

展開の早い2022年、人々のエゴがぶつかりやすい2022年(2022年壬寅・五黄土星を知りたい方はコチラ)自衛・自重しながらも、ご自身のライフプランの一つが遂行できる一年となりますように。

皆さまのご多幸を祈願いたします。

四柱推命が難しかった方へ

タイトルとURLをコピーしました