\ライン登録で「総格で診断する名前の運勢」プレゼント/
姓名判断が大凶でも大丈夫

「犯罪者と同じ大凶数がある」からと言って、あなたやあなたのお子さんが犯罪者になる訳ではありません。

詳細はこちら

吉方取り(祐気取り)で楽しく開運

世田谷八満宮の茅の輪命術(九星気学)

日本で生まれた九星気学は、吉方位を取り入れ自らが動くことによって、積極的に開運できるところが素晴らしい占術でアメリカにも九星気学ファンがいます。

経営者や政治家の方も好んで、吉方取りをなさっている方もたくさんおられます。

究極の吉方取り(祐気取り)は「最大吉方位」への引っ越しです。その場合は、「年盤と月盤」を観ます。

旅行で運気アップするのでしたら「開運旅行(二泊三日以上)」です。その場合は、「月盤」を使います。

半日や一日滞在して運気アップする場合は「日盤」を、数時間のランチやカフェに行く程度なら「刻盤(時盤)」を使って(最大)吉方位を取ります。

このように、重要度や滞在期間に応じて盤は使い分けます。

この記事では、「刻盤を使って手軽にできる短いお出かけでの吉方位取り」をご紹介します。

祐気取り(吉方取り)とは

「祐気取り」とは、月盤や日盤や時盤(目的によって使う盤は異なります)にあなたの本命星(生まれ年によるあなたの星)と相性の良い星が巡って来る方位(吉方位)や、さらに月命星(その年の生れた月によるあなたの星)から見ても相性の良い星が巡っている方位(最大吉方位)に出かけて行って滞在し良い気(エネルギー)を得て帰って来る、ことを言います。

吉方位と最大吉方位

九星気学 相生 相剋

自分の本命星と両隣の星が入った方位は、その年やその月、その日、その時間の吉方位となります※8大凶方位に重ならなければ

吉方位

吉方位とは、自分の「本命星と相性の良い星が巡って来る方位」のことです。毎年、毎月、毎日、毎刻変わります。なお、8大凶方位と重なったら吉方位にはなりません。

・一白水星の吉方位:六白金星、七赤金星、三碧木星、四緑木星
・二黒土星の吉方位:八白土星、九紫火星、六白金星、七赤金星
・三碧木星の吉方位:四緑木星、一白水星、九紫火星
・四緑木星の吉方位:三碧木星、一白水星、九紫火星
・五黄土星の吉方位:二黒土星、八白土星、九紫火星、六白金星、七赤金星
・六白金星の吉方位:七赤金星、二黒土星、八白土星、一白水星
・七赤金星の吉方位:六白金星、二黒土星、八白土星、一白水星
・八白土星の吉方位:二黒土星、九紫火星、六白金星、七赤金星
・九紫火星の吉方位:三碧木星、四緑木星、二黒土星、八白土星

最大吉方位

吉方位は多いので、さらに、生まれ月(月命星)からも見て、相性の良い方位を厳選します。それが「最大吉方位」となります。

月命星の求め方

月初めに生まれた場合は「前の月」になる可能性が高いです。その場合は、万年歴などでご確認ください。生年月日を入力すると、月命星を教えてくれるサイトやアプリもあります。

九星気学 月命星 出し方

一カ月の始まりは「節入り(5日、6日、7日頃)」に始まります。そのため、月初めに生れた方は「前の月」になる可能性が高いです。

最大吉方位の求め方

本命星と月命星の交わったところに書いている数字が「最大吉方位」となる星です。

吉方取り 最大吉方位の求め方

本命星と月命星の交わったところに書いている数字が「最大吉方位」となる星です。(例)6・7⇒六白金星と七赤金星

五黄土星が本命星や月命星の方は、最大吉方位となる星がたくさんあります。

それは、五黄土星と言う星は「破壊と再創造(再生)」という相反するエネルギーを持つ唯一の星であるため、その運勢傾向は波乱万丈になりやすいです。

そのため、吉方取りの機会(運気チャージ)を多くできるように神様が配慮しておられるのかもしれません。

吉方取りは一人でやるもの?!

九星気学で観る吉方位は、人によって違いますから、家族や友人と一緒に祐気取りは、なかなかできません。九紫火星の人と一白水星の人は、一緒には吉方取りできませんが、どちらかの吉方位に合わせて一緒に旅行するのは、それはそれで構いません(普通の旅行)

吉方位への引っ越しや旅行やお出かけで「良い気」を得ることによって、「やる気が湧いた」「ラッキーなことがあった」など生活にツキを呼び込むことができます。

「ただの気のせいじゃないですか?」という声が聞こえてきそうですが、そうです、「気」のせいなのです。気は私たちに様々な影響を及ぼしています。

※「奇門遁甲(卜術)」の方位活用と「九星気学(命術)」の祐気取りは、全く異なるものです。どちらが効果的?等と比較できるものではありません。

吉方取り(祐気取り)の仕方

吉方位の神社の土や水をいただく(お水取り)という流派もありますし、多少やり方の差はあります。私は、個人的には、神社仏閣にあるモノを自宅に持ち帰るのは抵抗があり、私が実践している祐気取りの仕方は、土や水を取るのではなく、その目的地に行って「ゆっくり過ごすこと」をしております。

その土地の物(水や食べ物)を取り入れることで気を取り込むことができますから、カフェでゆっくりコーヒーやランチをいただいたり、スーパー銭湯があればお風呂に入ってくるのも良いと思います。

もちろん、何もせずボーっと芝生に寝転び流れる雲を眺めているのも構いません。3~4時間滞在して効果があると言われていますので、工夫して過ごしてみて下さい。

祐気取りの効果

刻盤を使った吉方取りの効果のは、「約5日間効果がある」と言われています。
(日盤を使った場合は約10日間、月盤を使った場合は約10カ月、年盤を使った場合は約10年間、その影響が強く残ります。その後は段々フェードアウトしていきます)

これまでに何度も行っておりますが、祐気取りに行った後に、お仕事のご依頼を頂いたり、欲しいと思っていたものが半値でお安く買うことができたり、私としてはその効果を実感しております。

祐気取り体験

ある日の私の祐気取りをご紹介します。

祐気取りで豪徳寺へ9時から11時までに到着できるのであれば「西」、11時から13時に到着できるのであれば「北東」が吉方位でした。

目的地へは、歩いて行っても電車で行っても良いのですが、目的地に3~4時間(2刻=4時間以上の滞在が効果的です)滞在する時間を考えて、往復の時間を考えると良いと思います。

どこかを経由して、目的地へ行ったとしても自宅から目的地の方位が吉方位であれば、迂回した方位は気にせずに、効果はあると言われています。吉方位に海があれば、私も電車で行くこともあります。

お手軽なところで「家から歩いて直接、吉方位へ行くのが良いのではないか」と私は思います。歩いて行ける所といえば30分ぐらいの所になると思いますので、片道1キロぐらいのところでも構いません。

そこにスーパー銭湯があれば、お風呂に入ってゆっくりうどんでも食べて帰ってきたらいいでしょうし、ただスーパー銭湯の開店時間は、12時からだったりします。

今回は、スケジュールの関係上9時から11時までに到着したかったため、スーパー銭湯は諦めて近くの神社に行ってきました。

夏越の祓(なごしのはらえ)

世田谷八満宮の茅の輪世田谷八満宮は、近所ですので何度か行ったことはありますが、今回、初めて「茅の輪(ちのわ)」を見ました。

茅の輪というのは、疫病が流行った時に、参道の鳥居などに茅(かや)という草で編んだ直径2メートルほどの輪を作り、これを祝詞を唱えながら八の字に3度くぐり抜けることで、心身を清め災厄を払い下半期も無病息災で過ごせる、そうです。

生活の中で知らず知らずのうちについてしまった厄を払うことができ、「夏越の祓(なごしのはらえ)」である6月30日前からそれ以降もしばらくの間は茅の輪を設置している神社が多いそうです。※夏越の祓(なごしのはらえ)とは、上半年のケガレを落とし下半年の健康と厄除けを祈願する行事です。

ぜひ、皆さまも行かれてみてはいかがでしょうか。

祐気取りに行ったのに、「茅の輪くぐりで今年上半期の厄を落とせた」だなんてラッキーでした。すでに祐気取りの効果でしょうか?!

祐気取りで気をつけること

「気をつけること」とは、特別有りませんが、「方位の境目ギリギリ」や「時間の境目ギリギリ」は避けた方が無難です。時間は余裕を持って、方位は範囲の真ん中を行きましょう。特に東西南北は30度範囲しかありません。

祐気取りは陰陽のバランスを取る行為

忙しい毎日は、人は陽の気に傾きやすくなります。活動的、活発も過ぎれば、攻撃的、攻める雰囲気、になってしまいます。言葉もきつくなったり、イライラしてしまったり、呼吸も話し方も速くなってしまいます。だからこそ、意識的に陰の気を生活に取り入れることが大切です。

陰の気とは、何もしない時間、ゆったりと時の流れを感じながら、自分の内面を見つめる時間を持つことによって、陰の気を得ることが出来ます。

私は、祐気取りとは、「陰陽のバランスを取る行為」と認識しています。意識して、「陰の気を取りに行く=リラックスしに行く」イメージです。

ですから、目的地では、慌ただしくセコセコ動き回るよりは(ダメではありません。私もショッピングに勤しむこともあります)ゆったり過ごす、充電するおつもりで過ごされるのが良いと思います。

まとめ

九星気学の祐気取りは、吉方位、良い気(エネルギー)が巡る時間と方位へ出かけて帰ってくることです。

最大吉方位の出し方は、生年月日から出される本命星と月命星で割り出します。

1回すればその効果は、5 日続くと言われています。月に5~6回すると一カ月気持ちよくエネルギーチャージされた状態で過ごせるかもしれません。

また、最近、パッとしないな、という方もぜひ、祐気取りを試してみると良いかもしれません。

祐気取りをしたい方は、鑑定メニュー・毎月の吉方取りをご利用ください。

四柱推命が難しかった方へ

タイトルとURLをコピーしました